終末医療で働く看護師

終末医療の体制が万全に整えられている医療機関は日本全国に増えてきており、末期がんなどの症状を抱えている患者や家族にとっては好ましい状況となりつつあります。特に、病気の症状が辛い場合や痛みを取り除きたい場合などには、優秀な医師や看護師・薬剤師などが在籍している医療機関を選択することが大事です。ここ数年の間では、テレビ番組などで終末医療の現場について特集が組まれる機会が多くなっています。もしも興味を持っている場合には、日ごろから正しい情報を集めることがポイントです。例えば、ターミナルケアは、主に死期が近づいている患者に対して施される治療のことであり、少しでも身体の不快感を解消したいときには、積極的に申し出ることが良いとされます。終末医療が行われている病棟はホスピスと呼ばれることもあり、それぞれの専門的な分野の医師や看護師が揃っていることが特徴として挙げられるのです。また、このような病棟においては、痛み止めなどの鎮痛剤や睡眠薬などが処方されることが多いため、寝たきり状態の患者が目立っています。国内の高度な医療が提供されている医療機関の役割については、一般の消費者にとってあまり身近なものではありません。しかし、いざという時のために、終末期のケアの必要性などを勉強しておくことが求められます。そして、何よりも意志をはじめとするスタッフとの信頼関係が欠かせない要素となるため、日ごろからコミュニケーションを取ることが必要です。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です