エンディングコーチという専門資格

終末医療の現場では、重篤な疾患を患い余命を宣告された患者に残された時間を大切に過ごしてもらうため、専門資格を持つ医療スタッフがサポートを提供するケースが多いです。そのような患者の心的な不安を取り除くことを目的とした専門資格は、幾つか挙げられます。その中でも、エンディングコーチの専門資格を持つスタッフは、組織的なチーム医療の中でも重要な役割を担っています。エンディングコーチは、患者の看取りという大切な職務を担う存在です。患者の要望を踏まえた上で、理想的な支援を提供することが役目となっています。余命宣告を受けた患者には、残された家族の心配事や仕事の引継ぎ・生命保険に関する悩みなど、非常に多くの心配事が見られるのが一般的です。エンディングコーチは、これらの問題を患者の理想的な形で解決していくのが役割であり、患者の家族とも相談しながら、さまざまな問題を解決していきます。また、終末医療では高齢者の扱いが多くなることから、高齢者に特化した悩みにも対応することが求められているのです。高齢者の場合は、遺産分与の問題などで、親族間で揉め事を起こすケースに懸念を抱いている方も多くなっています。そのようなことから、患者の看取りで必要となる心的なサポートという要素に加えて、法的な面からも適切なアドバイスを提供することが求められるのです。そのため、エンディングコーチは、遺産分与の方法や分割協議・遺産相続の権利のある方とも話し合いをするなど、遺産分与に関する専門的な知識や対人スキルも必要です。近年は、エンディングコーチに興味を持ち、資格を取得する看護師も増えてきました。そのため、エンディングコーチとしても活躍できる看護師の求人は、大変人気があるようです。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です